紳士服をしっかり選んで着こなそう

紳士服に使われる生地について

紳士服を選ぶ際に生地についての知識を知っておくと、特徴や風合いを楽しみながら季節や目的になった一着を選択することができます。
まず生地を織るための糸ですが、ウーレンとよばれる羊毛から作った糸があります。
やわらかく空気を含みやすいのが特徴で、様々な風合いを持たせることができます。
この他、ウーステッドとよばれる糸は耐久性が優れており摩擦に強いのが特徴となっています。
次に織り方ですが、一番基本的なのが平織で硬めで密度が高い繊維となっており、ハリがある仕上がりになります。
そして、繊維の種類は天然繊維と化学繊維があります。
天然繊維としてよく使用されるのが綿です。
吸水性と通気性が優れており、熱にも強い上部さが備わっています。
この他、優れた伸縮性と弾力性、保温性と水をはじきやすい特徴からウールも人気です。
化学繊維として生地に使われるものには、絹に近い特徴があるナイロンや、弾力性に富んだウールに近いアクリルなどがあります。

紳士服は生地選びからこだわろう

紳士服をオーダーメイドするときにこだわりたいのは生地です。
安いものだとポリエステルなどが入っていて、気軽に着られてよいです。
若い人で、スーツにあまりお金をかけられないとか、汗だくで外回りをするからそれほど高級なものにこだわらない、という場合ならぴったりでしょう。
年齢を重ねて役職などに就き、大事な会議や大事な取引先と会う場合には、やはり高級感のあるスーツを着ておきたいものです。
そういうときにはウールのしっかりしたものを選びましょう。
良いウールというのは、触ったときにしっとりとしていてボリュームがあります。
また、ねじってみると弾力に富んでいてコシがあり、しわにならずに元通りになります。
このような生地で作ったスーツは、しわになりにくく、たとえ一日中着てハードに動き回っても、夜ハンガーにかけておけば自分の重みでしわが伸びるものです。
原毛の太さを示すスーパー表示というものがあるので、それを確認するのもおすすめです。